牛乳をつかったレシピ

ミルクでレシピ

2009年ミルグルメレシピ鮭のチャンチャン焼き風グラタン

鮭のチャンチャン焼き風グラタン

北海道の郷土料理「チャンチャン焼き」をアレンジしたグラタンです。
味噌を使うことで風味豊かな日本人向けの味になります。

使用する商品

材料(2人分)

らくのう牛乳 200cc
鮭切身 1枚(約70g)
キノコ類 50g(エリンギやシメジ等、入手しやすいもの)
キャベツ 50g
タマネギ 50g
味噌 小さじ1/2
醤油 小さじ1/2
1つまみ程度
ブラックペッパー 少々
ナチュラルチーズ 適量
パン粉 適量
パセリ 適量
バゲットのスライス 4枚
コンソメスープ
ブイヨンキューブ 1コ(市販のもので4g程度)
300cc

作り方

  1. コンソメスープを作ります。
    300ccの湯にブイヨンキューブを溶かし、食べやすい大きさに切ったキャベツを弱火で煮ます。キャベツがしんなりなったら、スープからあげておきます。キャベツの水気は切らなくて良いです。
  2. タマネギを炒めます。
    フライパンにサラダ油(分量外)を薄く引き、あめ色になるまで炒めておきます。キノコ類は食べやすい大きさにちぎっておきます。
  3. 鮭をソテーします。フライパンにサラダ油(分量外)を薄く引き、焼き目がつく程度にソテーします。(完全に火を通さなくてもOK)焼いた鮭の身を一口大にほぐし、骨を抜いておきます。
  4. ベシャメルソースを作ります。
    温めた小鍋にバターを溶かし、薄力粉を入れ混ぜます。粘性が出てきたら、牛乳を少しずつ加え、素早く混ぜます。大きな気泡ができ、ヘラの先からゆっくり落ちる程度になれば良いです。ベシャメルソースは裏ごしし、空気に触れないようにしておきます。
  5. 裏ごししたソースに、味噌、醤油、塩、ブラックペッパーを合わせ、味を調えます。玉ねぎ、キャベツも加えます。
  6. 耐熱皿に少量の無塩バター(分量外)を塗り、ほぐした鮭、合わせたベシャメルソースを重ねていくように盛ります。ちぎっておいたキノコをソースの上に盛り、全体を覆うようにチーズを乗せ、パン粉を散らします。270℃に温めたオーブンで10~12分焼きます。
  7. 刻んだパセリを散らし、バゲットを添えて、完成です。

このページの先頭へ