ミルモくんブログ

最新情報

ミルモくんの健康情報~食中毒について~

『食中毒とは』
食中毒とは、有害な細菌やウイルス、有毒な物質に汚染された飲食物を摂取すること
によって、腹痛・下痢・嘔吐・発熱などの症状が出る病気のことです。
原因の種類によって症状も様々であり、時には命にもかかわる恐ろしい病気です。


『食中毒予防の三原則』
食中毒のほとんどは細菌性のものです。しかし、食中毒を招く細菌が増殖しても、
食べ物の見た目や味が変わらず、匂いもしないこともあります。
そこで、「つけない」「増やさない」「やっつける」という食中毒予防の三原則を
知っておくことが必要です。kenko201907-1.jpg

1.つけない
 細菌を食べ物につけないためには、手や調理器具をよく洗い清潔に保つこと
 が大切です。また、肉や魚には食中毒の原因となる細菌が付着していることもある
 ため、切った後の包丁やまな板は必ず洗剤で洗い、野菜などの生で食べる食材から
 離して保存しましょう。
2.増やさない
 食べ物に付着した細菌を増やさないためには、食材を買ってきたらできるだけ早く
 冷蔵庫に保存する、食品を解凍するときは常温ではなく電子レンジや冷蔵庫内で解凍
 する、料理はなるべく調理後すぐに食べる、などの対策が必要です。
3.やっつける
 細菌やウイルスの多くは熱に弱いため、食材は十分に加熱しましょう。肉や魚の中心
 を75度で1分以上加熱するとほとんどの細菌やウイルスは死滅します。
 また、布巾やまな板などの調理器具に熱湯をかけて殺菌を行うことも有効です。

kenko201907-2.jpg
最後に・・・・・
食中毒の主な症状は腹痛や嘔吐、下痢などですが、症状が進むと
呼吸困難やショック症状などを引き起こす場合もあります。
吐き気や下痢などの食中毒の初期症状が現れた際には早めに病院
を受診しましょう。

img_blog_168.jpg

おすすめ健康レシピ】  
 
※PDFファイルです(資料提供:JA熊本厚生連)

一覧リストへ戻る

このページの先頭へ