ミルモくんブログ

最新情報

ミルモくんの健康情報~副鼻腔炎について~

img_kenko_128.png副鼻腔炎とは?
鼻(鼻腔)の周りには「副鼻腔(ふくびくう)」と呼ばれる空間があります。この空間内で炎症が起きている状態を「副鼻腔炎」といいます。
炎症の原因は、風邪(ウイルス)や細菌、花粉、ハウスダストなどのアレルギー症状、鼻の形(鼻中隔が曲がってる)、大気汚染、ストレスなどがあります。副鼻腔炎が長引くと炎症部分に膿(うみ)が溜まり、蓄膿症といわれる状態になります。

また、症状が一段落したあとも、なかなかすっきりしないという場合には炎症が慢性化している可能性があります。鼻づまり、粘性の鼻汁、頭重感、匂いがしないなどの症状が続く場合は注意してください。

副鼻腔炎の症状は?
副鼻腔炎は以下のような症状があります。
当てはまる場合はすぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

チェック項目

1.鼻が詰まって息苦しい
2.鼻をかんでもかみきれない
3.ドロッとした黄色い鼻水
4.頭痛、頭重を感じる
5.のどが鼻汁で粘々する
6.頭や歯、目、鼻の周りが痛い
7.自分が嫌な臭いがする
8.食べ物の匂い・味がわからない 等


副鼻腔炎の予防
副鼻腔炎の予防のために、マスクで風邪ウイルスや花粉の侵入を防ぎましょう。鼻の内部に侵入した雑菌や花粉を洗い流す「鼻うがい」も有効です。
鼻には、本来、吸い込んだ空気と一緒に入ってきた異物をキャッチし、鼻水と一緒に排出するという機能があります。しかし、偏った食事で栄養が不足したり、不規則な生活で疲れやストレスがたまっていると、体の免疫力が落img_kenko_22.jpgち、雑菌などの異物が排出されずに、鼻の内部にとどまってしまいます。

副鼻腔炎を予防するためには、普段からバランスのとれた食事や、ストレスをためない生活、適度な運動で、健康な体づくりを心がけましょう。


img_blog_168.jpgおすすめ健康レシピ】   
※PDFファイルです

(資料提供:JA熊本厚生連)

一覧リストへ戻る

このページの先頭へ