ミルモくんブログ

最新情報

ミルモくんの健康情報~インフルエンザ~

インフルエンザとは?
img_blog_720.jpgインフルエンザの症状の特徴としては、突然の発熱や全身の倦怠感などがあげられます。
このインフルエンザが怖いのは、伝染性が非常に強く、あっというまに人から人へと広い範囲で感染すること、また症状が重症化しやすく(特に高齢者や乳幼児)、肺炎や脳症などの合併症や持病の悪化を引き起こし、死に至るケースもあることなどがあげられます。

<原因> 
インフルエンザの発症の原因は、インフルエンザウイルスの感染です。
インフルエンザの感染力はインフルエンザを発病する前日から発病後3~7日間ほどの間といわれています。そのインフルエンザ患者の咳やくしゃみなどとともにインフルエンザウイルスが小さな飛沫となって空気中に飛び散り、これを回りの人が吸い込むことや、インフルエンザウイルスがついている手で、目や口などをさわることにより感染します。また、感染してもその人にインフルエンザウイルスに対する免疫(抵抗力)があれば発病しなかったり、軽い症状で済んだりすることもあります。

<インフルエンザウイルスの種類>
img_kenko_119-1.jpg現在までに人の感染が確認されているインフルエンザの種類には大きく分けてA,B,C型の3種類あります。毎年流行するのはA,B型であり、中でも大流行を引き起こすのはA型です。そのA型にも種類があり、構造が日々変化しています。そのため、インフルエンザウイルスへ感染し、免疫(抵抗力)を持っていたとしても違う構造のインフルエンザウイルスに感染し、発病することが多く、毎年流行しやすいといわれています。


img_kenko_33.jpg<予防>
予防の基本は、流行の前にインフルエンザワクチンを接種することです。インフルエンザウイルスが流行してしまった後は、人ごみの中や繁華街への外出を控える。外出する際はマスクを着用する。室内では加湿器などを利用し、適度な湿度を保つ。帰宅後のうがいや手洗いの徹底などがあげられます。
また、十分な休養、バランスの良い食事など、体力や抵抗力を高めることも大切です。 

日常生活の中で、十分な休養、バランスの良い食事や手洗い、うがいなどに十分注意し、インフルエンザに感染しないように注意しましょう。



img_blog_573.jpgおすすめ健康レシピ】   
※PDFファイルです

(資料提供:JA熊本厚生連)

一覧リストへ戻る

このページの先頭へ