ミルモくんブログ

最新情報

ミルモくんの健康情報~脱水症の予防について~

<脱水症とは?>
img_kenko_115-3.jpg人間は成人で体重の60%を体液が占めており、体液は生命活動に欠かすことのできないもので、この体液が失われた状態を脱水症といいます。

例えば、夏場は気温や湿度とともに体温も上昇しますので、体は大量に汗をかき体温を下げようとします。
その汗の中には水分と電解質(カリウムやナトリウムなど)が含まれており、水分を補充せずに多くの汗をかくと体液が不足して脱水症になります。
その他にも、嘔吐や下痢、発熱など多くの水分が奪われるようなときに脱水症への注意が必要です。
   
<症 状>

軽度の脱水症状

・喉が乾く
・尿量の低下
・食欲不振
・めまい、頭痛
・脚がつる(こむら返り)

重度の脱水症 ・全身の倦怠感
・吐き気、嘔吐
・意識障害、けいれん


<脱水症になったら>

軽度の脱水症の場合、市販の経口補水液(電解質を糖分を含む飲料)で水分を補給し、涼しい場所で安静にしましょう。
症状が改善しない場合や重度の脱水症の場合は速やかに医師の診療を受けてください。
脱水症は最悪の場合、死に至ることもあります。

   
<脱水症の予防対策として>
img_kenko_115-1.jpg
日頃からこまめに水分の補給をしましょう。
特に夏場はすぐに水分補給できるようにスポーツ飲料や塩飴をバックに用意しておくと良いでしょう。
また、暑いからといって電解質を含まない水やお茶を短時間で大量に摂取すると、電解質のバランスを崩してしまいますので、塩飴や梅干しなど、塩分も同時にとるように心がけしましょう。
だたし、塩分はあまりとりすぎないようにしましょう。



img_blog_168.jpgおすすめ健康レシピ】   
※PDFファイルです

(資料提供:JA熊本厚生連)

一覧リストへ戻る

このページの先頭へ