ミルモくんブログ

最新情報

ミルモくんの健康情報~熱中症予防について~

img_kenko_102-1.jpg夏本番になり、汗ばむ季節になってきました。これから多くなってくるものの一つに熱中症があります。一言で熱中症といっても、症状別にレベルがあり、軽度の「熱失神」「熱痙攣(けいれん)」中等度の「熱疲労」重症になると「熱射病」と言われます。
これらは、周りの温度に体が対応することができず、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かないなどが原因で起こります。

< 熱中症予防(対策) >
1.日差しを避ける・・・直射日光を避けましょう。
2.水分をこまめに摂る・・・喉が乾いていなくても、1時間に1回、150~200cc程こまめに水分を摂りましょう。また、たくさん汗をかいた時は、スポーツドリンクなどで塩分を一緒に補給した方が良いでしょう。
3.衣服を工夫しよう・・・衣服は麻や綿など通気性の良い生地を選んだり、下着は吸水性や速乾性に優れた素材を選ぶと良いでしょう。また、襟元を緩めるなど、着方を工夫しましょう。
4.こまめに休憩をとろう・・・仕事などで炎天下に長時間いる場合は、日陰を利用してこまめに休憩をとりましょう。

img_kenko_102-2.jpg<就寝時にも注意>
寝ている間にも熱中症になります。エアコンや扇風機を適度に使ったり、通気性や吸水性の良い寝具を使いましょう。
<室内で注意すること>
エアコンがない場合は、扇風機などで室温を適度に下げましょう。(設定温度28℃以下、湿度60%以下)

暑さを我慢せずに、できることから始めましょう。特に、熱中症になりやすい高齢者は飲み物を持ち歩いたり、子供には水筒を持たせたり、水をこまめに飲むように周りが声掛けをするなど家族みんなで熱中症予防に努めましょう。



img_blog_573.jpgおすすめ健康レシピ】   
※PDFファイルです

(資料提供:JA熊本厚生連)



一覧リストへ戻る

このページの先頭へ