ミルモくんブログ

最新情報

ミルモくんの健康情報~メタボリックシンドローム~

img_blog_720.jpgメタボリックシンドロームとは?
「メタボリックシンドローム」は、「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、複数の病気や異常が重なっている状態を表します。これは、お腹のまわりにたまる「内臓脂肪の蓄積」によって、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)等の生活習慣病の重なりが起こっていることを示しています。
また、心筋梗塞や脳梗塞等の原因となる動脈硬化を急速に進行させます。

<メタボリックシンドロームの診断基準>
おへその高さの腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上
上記の条件に加え、次の1から3の「3つの症状」のうち「2つ以上該当」したとき、メタボリックシンドロームと診されます。
1.中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方
2.血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方
3.空腹時血糖値が110mg/dl以上

<メタボリックシンドロームの予防・改善>
メタボリックシンドロームは生活習慣が密接に関係しています。生活習慣を改善することで、内臓脂肪を減らし、メタボリックシンドロームを防ぐことができます。

img_kenko_99.jpg【食習慣】
規則正しい食事を心がけ、食事の量に気を付けて、緑黄色野菜を摂る。
【運動習慣】
運動する機会を増やす。
【嗜好】
禁煙する。アルコールは量を減らし、休肝日を作る。

まずは簡単なところから改善していきましょう。
生活習慣病予防のために、「特定健診・特定保健指導」が行われています。
健診は発症してからではなく、健康な状態のうちに受診してこそ意義があります。自分の健康のため、ぜひ年に一度の健康診断を受診しましょう。

img_blog_573.jpgおすすめ健康レシピ】   
※PDFファイルです

(資料提供:JA熊本厚生連)

一覧リストへ戻る

このページの先頭へ