ミルモくんブログ

最新情報

ミルモくんの健康情報~歯科検診~

「歯科検診はなんのために受けるの?」
歯科検診の目的は、歯磨きがきちんとできているかの確認と虫歯や歯周病を初期のうちに発見することです。初期の歯周病や虫歯は症状が出ないことも多く、自分ではなかなか気づけません。どんなにきちんと歯磨きをしている方でも磨き残しはあります。定期的に歯医者さんでチェックしてもらうことで、歯垢や歯石をとることもできます。

kenko202002.jpg
「歯科検診ではどんなことをしてもらうの?」
むし歯のチェック・歯ぐきのチェック・ブラッシング指導など、さまざまなチェックをしてもらえます。虫歯や歯周病について以外の悩み事でも歯医者さんは相談にのってくれます。気軽に相談してみましょう。


「どのくらいの頻度で検診に行けばいいの?」
年に1~2回歯科検診を受けることが望ましいです。問題が起きる前に継続的に検診を受けることで、健康な状態を保つことが出来ます。さらに、かかりつけの歯医者さんをつくることで口内の状態を把握しやすくなります。


「家庭でできるセルフケア」
◆歯ブラシはこまめに交換を!
古くなると歯垢をしっかり落とせません。少なくとも1か月を目安に交換をしましょう。
◆歯間清掃用具の併用で歯垢の除去率をアップ!
歯ブラシと歯みがき剤を使ってブラッシングしても、歯と歯が接している面、kenko2020022.jpg
奥歯の噛み合う面にある溝の部分などには毛先が届きにくく、歯垢の除去には限界があります。歯間ブラシやフロスを使用す ることでブラッシングだけでは落とせない歯垢を除去することが出来ます。
◆液体歯みがきはブラッシングの前?それとも後?
ブラッシングの前に使用します。液体歯みがきは練り歯みがきとは異なり、液体なのでお口の隅々まで広がる効果があります。ただし、研 磨剤が入っていないので、歯の着色がみられる場合は研磨剤入り歯みがきを使用した方が良いでしょう。
◆歯ごたえのある食事やガムを習慣に!
最近の食事は噛まなくてよいやわらかい物ばかりが好まれる傾向にあります。しかし、よく噛むことは全身にさまざまな良い効用をもたら します。食事以外にはガムも噛むなど、普段から噛む習慣を身につけましょう。特に、キシリトールやリカルデントを含むガムには、虫歯 予防効果も期待できます。

img_blog_168.jpg

おすすめ健康レシピ】  
 ※PDFファイルです
(資料提供:JA熊本厚生連)

一覧リストへ戻る

このページの先頭へ