ミルモくんブログ

最新情報

1月15日は「いちごの日」!

らくのうマザーズの隠れたロングセラードリンク「いちご」。
今冬、パッケージデザインがリニューアルされたのをご存知ですか?
img-20200115.jpg

これまでのちょっとリアルないちごから、
可愛らしいいちごのイラストにリニューアルしました。

中味はそのまま、熊本県産牛乳を50%使用した、
どこか懐かしい、まろやかでほんのり甘い味わいです。

ぜひ、「いちごの日」にミルクたっぷりの「いちご」を
お楽しみください。

ミルモくんの健康情報~高尿酸血症について~

『尿酸とは』
 尿酸とは、細胞の核の成分であるプリン体が体内で分解されてできる老廃物です。
尿酸はヒトの体内から尿と一緒に排出されます。
しかし、不適切な食生活やアルコールを多量に摂取する生活習慣などが原因で、
尿酸の産生が過剰になったり、排出が低下したりすると、尿酸が体内に蓄積し、
さまざまな生活習慣病を引き起こします。

『高尿酸血症とは?』kenko202001.jpg
 高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が、7.0mg/dLを超えている状態のことをいいます。この高尿酸血症の状態が続くと痛風といわれる発作が起きやすくなります。痛風とは、足の親指の付け根の関節などに激しい痛みが急激に発症する病気です。
この発作は、尿酸値が高いほど、そしてその状態が長く続くほど、起こるリスクが高くなります。痛風は、男性に多い病気で、患者さんの約98%は男性だといわれています。

女性は女性ホルモンの影響で尿酸値が上がりにくいため、痛風になりにくいとされています。
しかし、閉経後は、女性ホルモンの分泌が減少し、尿酸値が上昇します。
特に腎疾患のある方は痛風を発症しやすくなります。

『症状が出る前に』
 高尿酸血症になっていても、ある日突然、激痛に襲われるまで、
ほとんど自覚症状がありません。そのため健康診断で「尿酸値が高い」
という結果が出ても、自分には関係ないと考える方が多いようです。
しかし高尿酸血症は、痛風発作以外にも、腎機能障害(痛風腎)などの恐ろしい
合併症を引き起こすこともあり、決して放置してもよい疾患ではありません。
img_kenko_109.jpg
早い段階で予防できるように自分の体を知るためにも、
毎年健康診断を受診しましょう。

img_blog_168.jpg

おすすめ健康レシピ】  
 ※PDFファイルです
(資料提供:JA熊本厚生連)

このページの先頭へ