ミルモくんブログ

最新情報

ミルモくんの健康情報~乳がんについて~

乳がんは、日本の女性に最も多いがんです。
近年、乳がんは、罹患率、死亡率ともに増加傾向にあります。
40歳から60歳代前半の女性のがんによる部位別死亡原因の第1位です。
また、乳がんは、他のがんと違って若い年齢に多いがんのひとつです。
早期発見、早期治療は非常に重要なことです。

乳がんは、検診の有用性が世界各国で証明されています。
kenko202003.jpg日本では、「40歳以上の女性を対象に、2年に1回、マンモグラフィ検査」が推奨されています。マンモグラフィは、透明な2枚の圧迫板で乳房を挟んで撮影する、乳房専用のX線撮影検査です。手に触れない小さなしこりやしこりになる前の石灰化した微細な乳がんの発見が得意です。痛みを感じる人もいますが、病変を見つけやすくするために、できるだけ乳房を平たくして撮影します。

kenko2020031.jpg乳がんを見つける検査には、ほかに、乳房超音波検査があります。
被ばくの心配も痛みもなく、妊娠中や乳腺が密な20~30代の女性にも有効な検査です。
乳がん検診には、自治体の検診のほかに職場健診、人間ドックのオプション検査があります。

kenko2020032.jpg乳がんは早期に見つけて適切な治療を受けることによって、完治の可能性がぐっと高くなります。また、乳がんは内臓にできるがんと違って、自分で見て触れて確かめることができるがんのひとつです。定期的に乳がん検診を受診し、普段から自己触診を続けましょう。また、乳がん検診で精密検査が必要と言われたり、自己触診で変化に気付いた時は、早めに専門医を受診されることをお勧めします。

img_blog_168.jpg
おすすめ健康レシピ】 
 ※PDFファイルです
(資料提供:JA熊本厚生連)

ミルモくんの健康情報~歯科検診~

「歯科検診はなんのために受けるの?」
歯科検診の目的は、歯磨きがきちんとできているかの確認と虫歯や歯周病を初期のうちに発見することです。初期の歯周病や虫歯は症状が出ないことも多く、自分ではなかなか気づけません。どんなにきちんと歯磨きをしている方でも磨き残しはあります。定期的に歯医者さんでチェックしてもらうことで、歯垢や歯石をとることもできます。

kenko202002.jpg
「歯科検診ではどんなことをしてもらうの?」
むし歯のチェック・歯ぐきのチェック・ブラッシング指導など、さまざまなチェックをしてもらえます。虫歯や歯周病について以外の悩み事でも歯医者さんは相談にのってくれます。気軽に相談してみましょう。


「どのくらいの頻度で検診に行けばいいの?」
年に1~2回歯科検診を受けることが望ましいです。問題が起きる前に継続的に検診を受けることで、健康な状態を保つことが出来ます。さらに、かかりつけの歯医者さんをつくることで口内の状態を把握しやすくなります。


「家庭でできるセルフケア」
◆歯ブラシはこまめに交換を!
古くなると歯垢をしっかり落とせません。少なくとも1か月を目安に交換をしましょう。
◆歯間清掃用具の併用で歯垢の除去率をアップ!
歯ブラシと歯みがき剤を使ってブラッシングしても、歯と歯が接している面、kenko2020022.jpg
奥歯の噛み合う面にある溝の部分などには毛先が届きにくく、歯垢の除去には限界があります。歯間ブラシやフロスを使用す ることでブラッシングだけでは落とせない歯垢を除去することが出来ます。
◆液体歯みがきはブラッシングの前?それとも後?
ブラッシングの前に使用します。液体歯みがきは練り歯みがきとは異なり、液体なのでお口の隅々まで広がる効果があります。ただし、研 磨剤が入っていないので、歯の着色がみられる場合は研磨剤入り歯みがきを使用した方が良いでしょう。
◆歯ごたえのある食事やガムを習慣に!
最近の食事は噛まなくてよいやわらかい物ばかりが好まれる傾向にあります。しかし、よく噛むことは全身にさまざまな良い効用をもたら します。食事以外にはガムも噛むなど、普段から噛む習慣を身につけましょう。特に、キシリトールやリカルデントを含むガムには、虫歯 予防効果も期待できます。

img_blog_168.jpg

おすすめ健康レシピ】  
 ※PDFファイルです
(資料提供:JA熊本厚生連)

テレビ番組の紹介「ミルクエール」

九州 Love Milk Club "頑張る人にエールを送る!"企画img-202002286.jpg
「ミルクエール」の放映番組を紹介します。


放送日:令和2年1月29日(水)~31日(金)
放送局:KAB熊本朝日放送
時間帯:13:57~14:00
番組名:「知っ得!見聞録」https:www.kab.co.jp/programtable/
    29日(水)高木牧場
    30日(木)らくのうマザーズ熊本工場
    31日(金)益城町

         (撮影風景)
img-202002284.jpgimg-202002285.jpg 

1月15日は「いちごの日」!

らくのうマザーズの隠れたロングセラードリンク「いちご」。
今冬、パッケージデザインがリニューアルされたのをご存知ですか?
img-20200115.jpg

これまでのちょっとリアルないちごから、
可愛らしいいちごのイラストにリニューアルしました。

中味はそのまま、熊本県産牛乳を50%使用した、
どこか懐かしい、まろやかでほんのり甘い味わいです。

ぜひ、「いちごの日」にミルクたっぷりの「いちご」を
お楽しみください。

ミルモくんの健康情報~高尿酸血症について~

『尿酸とは』
 尿酸とは、細胞の核の成分であるプリン体が体内で分解されてできる老廃物です。
尿酸はヒトの体内から尿と一緒に排出されます。
しかし、不適切な食生活やアルコールを多量に摂取する生活習慣などが原因で、
尿酸の産生が過剰になったり、排出が低下したりすると、尿酸が体内に蓄積し、
さまざまな生活習慣病を引き起こします。

『高尿酸血症とは?』kenko202001.jpg
 高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が、7.0mg/dLを超えている状態のことをいいます。この高尿酸血症の状態が続くと痛風といわれる発作が起きやすくなります。痛風とは、足の親指の付け根の関節などに激しい痛みが急激に発症する病気です。
この発作は、尿酸値が高いほど、そしてその状態が長く続くほど、起こるリスクが高くなります。痛風は、男性に多い病気で、患者さんの約98%は男性だといわれています。

女性は女性ホルモンの影響で尿酸値が上がりにくいため、痛風になりにくいとされています。
しかし、閉経後は、女性ホルモンの分泌が減少し、尿酸値が上昇します。
特に腎疾患のある方は痛風を発症しやすくなります。

『症状が出る前に』
 高尿酸血症になっていても、ある日突然、激痛に襲われるまで、
ほとんど自覚症状がありません。そのため健康診断で「尿酸値が高い」
という結果が出ても、自分には関係ないと考える方が多いようです。
しかし高尿酸血症は、痛風発作以外にも、腎機能障害(痛風腎)などの恐ろしい
合併症を引き起こすこともあり、決して放置してもよい疾患ではありません。
img_kenko_109.jpg
早い段階で予防できるように自分の体を知るためにも、
毎年健康診断を受診しましょう。

img_blog_168.jpg

おすすめ健康レシピ】  
 ※PDFファイルです
(資料提供:JA熊本厚生連)

このページの先頭へ