ヨーグルト用語集

見る・知る・学ぶ

ヨーグルト用語一覧

ヨーグルト

牛乳などを、乳酸菌または酵母で発酵させたもので、「発酵乳」と表示されています。糊状や液状のもの、凍結させたものがあります。成分規格は無脂乳固形分8.0%以上で乳酸菌数(または酵母数)が1000万/ml 以上とされています。

  • 牛乳の豊富な栄養をそのまま受けついでいます。
  • たんぱく質・カルシウムは乳酸菌の働きで、吸収されやすくなっています。
  • 乳糖が一部分解されているので、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする人にも安心です。
  • 乳酸菌による生理的効果(整腸作用、免疫力を高めるなど)が期待できます。

プロバイオティクス

1989年にイギリスの微生物学者フラー博士により提唱された、生きて腸まで届き、腸内細菌のバランスを整えて人の健康に有益な働きをする微生物のこと。代表的なものが乳酸菌です。

ホエー(乳清)

ヨーグルトなどの上に出てくる水分のことです。ホエーの中には水溶性のたんぱく質や、ミネラル、ビタミンなどの栄養が含まれているので、捨てずに食べてください。濃縮したり、粉末化して製品に使われたりします。このホエーを利用して作るチーズもあります。

出典:J-milk

このページの先頭へ