よくあるご質問~ヨーグルト編~

見る・知る・学ぶ

ヨーグルトの表面に浮いている半透明の液体はなぁに?

ホエーこの液体は「乳清」または「ホエー」と呼ばれるものです。
ヨーグルトは主として牛乳のたんぱく質が、乳酸菌の生成した乳酸により固まってできたものです。
この固まりには原料乳中の水分などが包み込まれています。発酵が進むにつれてこの固まりが収縮するため、水分(乳清・ホエー)が分離してきます。また、商品を傾けたり振動を与えるなどの衝撃によっても固まりが崩れ乳清が出てくることがあります。特に大阿蘇こだわりヨーグルト(プレーン)などは生乳のみを使用したヨーグルトなので、組織が軟らかく壊れやすいため水分が分離しやすくなっています。この乳清(ホエー)には水溶性のたんぱく質・ミネラル・ビタミン類が含まれていますので、捨てずに混ぜてご利用ください。

お家でもヨーグルトを作りたいな。どうすれば作れるの?

ホエー毎日食べたいヨーグルト。家庭で作れたらいいなぁ...と思われる方も多いと思います。ここでは、市販のプレーンヨーグルトを利用したホームメイドヨーグルトをご紹介します。 簡単に作ることが出来ますが、衛生面には十二分に気をつけてください。

ホームメイドヨーグルト

STEP01

牛乳500mlを沸騰直前まで温め、その後45℃前後まで冷まします。

STEP02

プレーンヨーグルト大さじ3杯(牛乳の約1割程度)を牛乳に加え、よくかき混ぜます。

STEP03

市販のヨーグルター(又は保温できる装置)で4~6時間保温して牛乳を発酵させます。

STEP04

冷蔵庫で冷やして召し上がれ。

ここに注意!

  1. 使用する道具は必ず消毒してください。また、使用する牛乳も未開封のもので殺菌温度が高いものが適しています。常温保存可能品なLL牛乳は滅菌してあり牛乳中の細菌が全くいないので、乳酸菌の発酵に適しています。 ※使用した道具や牛乳が十分殺菌されていないと乳酸菌でない菌が増えてしまって、「ヨーグルトではないもの」が出来てしまう可能性があります。
  2. 発酵させる環境も衛生的な場所でお願いします。温度的にはお風呂が適しているように思われるかもしれませんが、雑菌がいっぱいです。
  3. 家庭で作ったヨーグルトを種菌にしてヨーグルトを作り続けるのは危険です。もともと乳酸菌だったものがいつの間にか思わぬ雑菌に変化していることがあります。

出典:J-milk

このページの先頭へ