牛乳の種類

見る・知る・学ぶ

牛乳と牛乳でないもの?!

いろいろあるよ「牛乳の種類」

あなたが『牛乳』と思い込んでいるその製品は「牛乳」ではないかもしれません。一見牛乳に見える「牛乳タイプ」の飲み物など、その種類について説明しましょう。

牛乳にも種類があるの?

牛乳の種類はこんなにたくさん!

生乳

乳牛から搾ったままで何も手を加えていない乳のことです

牛乳

生乳を加熱殺菌し、一般的には均質化(生乳中の脂肪球を細かく砕く処理)しただけのものを「牛乳」といいます。パックには【種類別 牛乳】と表示されています。原料に生乳以外のものを使用することは禁止されています。厚生労働省の定めた「乳等省令:乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」という法律によって、牛乳は無脂乳固形分(牛乳中のたんぱく質+糖質+無機質)が8.0%以上、乳脂肪分(牛乳中の脂肪分)が3.0%以上の成分を有するものと厳しく基準が定められています。ちなみに、ビン容器のものは薄紫色のキャップが目印です。殺菌方法にもいくつか種類がありますが、殺菌方法によって栄養価が変わることはありません。

成分無調整牛乳

生乳を殺菌して牛乳を製造する工程で、成分を調整していない牛乳のことです。生乳の成分は乳牛の種類、個体、飼料、地域、季節、泌乳期などにより変動があり、冬には夏より、乳脂肪分、無脂乳固形分とも高くなる傾向があります。したがって、日々によって若干、乳脂肪分と無脂乳固形分などの乳成分や風味は異なります。

成分調整牛乳

生乳から水分、乳脂肪分等乳成分の一部を除去し、成分を調整したものです。乳等省令による成分の基準は無脂乳固形分が8.0%以上で、乳脂肪分の基準はありません。

低脂肪牛乳

生乳から乳脂肪分を除去し、低脂肪(0.5%以上1.5%以下)にしたもの。乳等省令による無脂乳固形分の基準は8.0%以上です。

無脂肪牛乳

生乳から乳脂肪分を除去し、無脂肪(0.5%未満)にしたもの。乳等省令による無脂乳固形分の基準は8.0%以上です。

加工乳

「生乳」、「牛乳」、「特別牛乳」、「成分調整牛乳」、「低脂肪牛乳」、「無脂肪牛乳」、「乳等省令で定められた乳製品の一部」のうちいずれかを原材料として加工製造した飲み物で、成分に関しては無脂乳固形分8.0%以上という規定があります。特徴としては、濃厚型と低脂肪型があります。濃厚型とは、無脂乳固形分や乳脂肪分を原材料の組み合わせによって多くしており、*無脂乳固形分が8.5%以上、乳脂肪分が3.8%以上に調整されていれば「濃厚」や「特濃」という表示が許されています。低脂肪型とは、乳脂肪分を少なくしたもので、脱脂粉乳の使用割合が多くなれば、低脂肪型となります。低脂肪型加工乳は脱脂粉乳などを用いて乳脂肪分を低くしているので、「低脂肪牛乳」とは製造方法・風味などが大きく異なります。

乳飲料

生乳や乳製品を主原料として、乳製品以外のコーヒーや果汁、カルシウムや鉄などのミネラルやビタミンなどを加えたものです。無脂乳固形分や乳脂肪分の規定はありませんが、乳固形分(乳脂肪分+無脂乳固形分)は3.0%以上と規定されています。乳飲料の種類にはコーヒーや果汁などを加えた「嗜好タイプ」、ビタミンやミネラルを加えた「栄養強化タイプ」の他、牛乳を飲むとお腹がごろごろする(乳糖不耐症)人のために、原因となる乳糖を酵素で分解したタイプのものもあります。

出典:乳等省令/中央酪農会議

このページの先頭へ