らくのう家の一日

見る・知る・学ぶ

らくのう家のお仕事ってどんな一日?

ぼくもお仕事を見学したよ!らくのう家はとっても早起きです。
朝食の前に、牛の食事・牛舎の掃除・搾乳をします。
昼間は、おいしい牛乳ができるように牛の健康をチェックをしたり、牛舎の手入れをして牛が心地よく過ごせるように配慮します。 毎日毎日、牛たちを見守りながら働くらくのう家の1日を覗いてみましょう。

らくのう家の一年はこちら

一日をのぞいてみよう

6:00

乳搾り・えさやり

7:00

仔牛のミルクやり・牛舎のそうじ

牛舎の掃除は牛を清潔に保つためにも、とても大切な仕事のひとつです。 基本はベッドの上のうんちを通路にかきだし、ローダーで一気に押し流します。ベッドには高温発酵・乾燥をさせてできた堆肥を敷いています。

9:00

体調チェック

牛の健康状態は、行動やしぐさ、姿、ふんや尿の状態を観察します。牛が元気かどうかはこうやってチェックされているんだね

10:00

えさづくり

朝・昼・夕の3回、バランス良く選ばれたえさをあたえ、母牛には1日約30kgものえさを与えます。

11:00

えさやり

こんな風にえさをあげるんだね!?すごいね!

13:00

シャンプー・ブラッシング

大きな身体をブラッシングすることで血液の流れを良くし、毛に付いた汚れや ばい菌などを落とし、体調を整えます。

  • 14:00えさの準備
  • 15:00仔牛のミルクやり
  • 16:00乳搾り
  • 17:00えさやり

らくのうの事、少しだけわかったかな?

撮影:阿蘇ミルク牧場

このページの先頭へ