らくのうの色々

見る・知る・学ぶ

第29回熊本県乳牛共進会をレポート!

牛さんの美人コンテストをレポート!

 平成21年10月24日(土)、菊池郡大津町の熊本県家畜市場で第29回熊本県乳牛共進会が開催されました。 

 共進会とは、乳牛の美しさを競う 『牛の美人コンテスト』です。酪農家さんが、毎日愛情を込めて大切に育てた自慢の乳牛を各地域の予選会に出品し、勝ち抜いた優秀な牛が次の県大会に進むことができます。

 今回の第29回熊本県乳牛共進会には、各地域の予選を勝ち抜いた140頭もの乳牛が出品され、美しさを競いました。

 月齢ごとに分けられる第1部~第13部の各部より名誉賞・優秀賞・一等賞が決められます。 また、第1~6部(未経産牛の部=出産をしていない牛)より、グランドチャンピオン、リザーブチャンピオンが1頭ずつ選ばれ、第7~13部(経産牛の部=出産を経験した牛)より、グランドチャンピオン、リザーブチャンピオンが1頭ずつ選ばれます。

共進会の様子をのぞいてみよう

前日の様子

会場作り

会場作り

前日から会場作りが行われます。会場におがくずを敷いたり、来賓席の準備をします。

搬入 搬入

会場に連れてこられた牛は、明日の「美人コンテスト」に備えて、きれいに洗ってから、牛舎に繋がれます。

測定 測定

牛の腰幅や高さ、胴回りを一頭ずつ測定し、記録します。
測定した数値は、審査内容の重要なデータとなります。

当日の様子

開会

開会 開会式は第1部の審査と同時に始まります。
開会の挨拶、来賓の挨拶、優勝旗返還など。
審査 審査

第1の審査は、牛を歩かせ、体格や容姿など審査員の厳しい目で1頭ずつ審査され、順位がつけられます。

第2の審査は、第1審査の順位ごとに一列に並び、再度体格や容姿などを審査されます。ここで、第1審査での順位が変わることもあります。
そして、最終の順位が決定します。

表彰 表彰

第1部~13部のそれぞれ各部で名誉賞、優秀賞、一等賞の表彰があり、未経産牛の部(第1~6部)と経産牛の部(第7~13部)でそれぞれ1頭ずつ、グランドチャンピオンとリザーブチャンピオンが選ばれます。

会場の様子 会場の様子

たくさんの人たちが、牛の美人コンテストを観覧されていました。

出店 出店

らくのうマザーズからも、資材やLLジュースの出店がありました。その他にも、酪農メーカーからエサや農機具などの店がずらりと並びました。

記念撮影 記念撮影 未経産牛の部・経産牛の部のチャンピオン、リザーブチャンピオンのみなさんと記念撮影です。

 

経産牛・未経産牛 各部の審査結果






第1部(8ヶ月以上10ヶ月未満)
KAHS ラブリー セプテンバー ダーハム ET
名誉賞 首席
112 KAHS ラブリー セプテンバー ダーハム ET
菊池地域農協(泗水) 菊池農業高校
グランドチャンピオン(優勝)
第2部(10ヶ月以上12ヶ月未満)
KAHS SF フアイナル シエリ-
名誉賞 首席
218 KAHS SF フアイナル シエリ-
菊池地域農協(泗水) 菊池農業高校
第3部(12ヶ月以上14ヶ月未満)
テイアラ ブランド ル-ベンス ジユリ-
名誉賞 首席
311 テイアラ ブランド ル-ベンス ジユリ-
菊池地域農協(泗水) 中尾 義孝
第4部(14ヶ月以上16ヶ月未満)
DFD MRSHL コメツト フタゴ
名誉賞 首席
413 DFD MRSHL コメツト フタゴ
球磨酪農協 大王 隆幸
リザーブチャンピオン(準優勝)
第5部(16ヶ月以上19ヶ月未満)
ハリイハツク プライド オブ スト-ム クリスタル
名誉賞 首席
504 ハリイハツク プライド オブ スト-ム クリスタル
球磨酪農協 中村 竜郎
第6部(19ヶ月以上22ヶ月未満)
ビ-チ アイランド セプテンバ- ル-ベンス ET
名誉賞 首席
608 ビ-チ アイランド セプテンバ- ル-ベンス ET
託麻原酪農組合 浦島 寿幸




第7部(36ヶ月未満 後代検定娘牛)
グラビンデ-ル ビツグ ガイ スウイ-ト フタゴ
名誉賞 首席
703 グラビンデ-ル ビツグ ガイ スウイ-ト フタゴ
託麻原酪農組合 中原 達哉
第8部(30ヶ月未満/2歳ジュニア)
ASF ブリブリ クレア
名誉賞 首席
802 ASF ブリブリ クレア
球磨酪農協 税木 章
第9部(30ヶ月以上36ヶ月/2歳シニア)
ネ-ルチエ ゴ-ルドウイン テルスタ-
名誉賞 首席
915 ネ-ルチエ ゴ-ルドウイン テルスタ-
球磨酪農協 免田 潤一郞
第10部(36ヶ月以上42ヶ月未満/3歳ジュニア)
ドリ-ムタウン ルデイ- バリアント
名誉賞 首席
1011 ドリ-ムタウン ルデイ- バリアント
熊本市農協 小嶺 篤
グランドチャンピオン(優勝)
第11部(42ヶ月以上48ヶ月未満/3歳シニア)
ウエストロ-ド スト-マチツク クレイタス
名誉賞 首席
1107 ウエストロ-ド スト-マチツク クレイタス
菊池地域農協(大津) 西本 道靖
第12部(4歳以上5歳未満)
KTF スクリ-チ ミツクス ダ-ハム ラナ
名誉賞 首席
1206 KTF スクリ-チ ミツクス ダ-ハム ラナ
球磨酪農協 立作 浩一
リザーブチャンピオン(準優勝)
第13部(5歳以上)
UK レビニユ- スト-ム
名誉賞 首席
1305 UK レビニユ- スト-ム
菊池地域農協(泗水) 内田 恵助
*各部の牛の写真をクリックすると大きな写真がご覧いただけます。

 

第21回熊本県酪農女性ミニバレーボール大会!

 平成21年11月27日(金)に、上益城郡益城町の益城町総合体育館で第21回熊本県酪農女性ミニバレーボール大会が開催され、会員同士の親睦を図りました。

 今年は、県内各地より36チームとたくさんの参加があり、予選を勝ち抜いた各ブロックの上位2チームの16チームで決勝トーナメントが行われました。
 また、コンソレーションゲーム(敗者復活戦)も行われ、熱い戦いが繰り広げられました。

結果発表

優勝

準優勝

受身の直子です!チーム 大津Aチーム

3位

3位

コンソレーション優勝

大津Bチーム 合志Bチーム 合志Aチーム
*写真をクリックすると大きな写真がご覧いただけます。

 

酪農体験学習をレポート!

 熊本県合志市にある大藪牧場は、酪農の体験をとおして、『食やいのち』の大切さを学ぶことができる酪農教育ファームです。安心して飲むことのできるおいしい牛乳を生産するために、酪農家が日々懸命に働く姿を大藪牧場では、たくさんの人に伝えています。

 今回は、清水小学校2年生のおともだちの酪農体験の様子をレポートします!

酪農体験学習をのぞいてみよう

酪農のお話し

体験の前に、牛の体のことやお乳のことをお勉強しました。

ここが今日、お世話になる大藪牧場です。
乳搾り体験

はじめに、手を消毒してから、1人ずつ順番に牛の乳搾りを体験しました。
牛も人間と同じで、赤ちゃんを産んだ牛だけがお乳を出します。

お乳って温かいんだね!
ブラッシング体験

次に、牛にブラッシングをして、大きな体を手で触ってみました。
ブラッシングをすることで、牛の体を清潔に保つことができ、血液の流れも良くなります。体調を健康に保つことでおいしいお乳がたくさん出ます。

牛さんとっても気持ちよさそう!
牛のエサ(とうもろこしと牧草)

次は、牛のエサを触ったり、臭いをかいでみました。牛のエサは発酵しているので、漬物みたいな酸っぱい臭いがします。

酪農家さんは、牛のためにエサも作っています。とうもろこしを細かく砕いて発酵させたものが牛のおかず。デンプンやたんぱく質が多く、栄養豊富なエサです。(左の写真:とうもろこしサイレージ)
白い俵状のものが牛のごはん。牧草を乾燥させて白いテープで包んで発酵させています。牛にとって1番身近なエサです。(右の写真:牧草サイレージ

これ!?牛さんのエサなんだね!!
とうもろこし畑の迷路

次は、いよいよ、とうもろこし畑に作られた迷路に挑戦しました!
(大藪牧場からのおねがい)とうもろこしは牛さんのエサになります。むやみにたおしたり、おったりしないで下さいね。

みんなゴール目指して頑張って!!
迷路の入口 班ごとに手をつないで、さぁ、出発!!
迷路の中 「こっちかなぁ!?」

「まちがえた~!!」
迷路の出口 やったね!
みごと、ゴールできました。
かわいい動物たちとのふれあい 牛の他にも、ヤギ、ひつじ、ロバなど、たくさんのかわいい動物たちとふれあいました。

大藪牧場のホームページは こちら

 

 

搾乳素牛せり市場をレポート!!

うしさんのせりの様子を見学してきたよ!搾乳素牛市場は、JA熊本市家畜市場で毎月第3金曜日に開催されています。

搾乳素牛市場には、ホルスタイン種の育成牛(1度も妊娠をしていない牛)・初妊牛(初めての妊娠牛)・経産牛(何度か出産を経験した牛)が出されます。

搾乳素牛市場の取引は九州内でここだけで行われているので、県内外から売りたい人と買いたい人が集まり、約100頭以上の乳牛の取引が行われています。

搾乳素牛せり市場をのぞいてみよう

搬入 搬入

九州県内外の各地から約100頭以上の乳牛が運ばれ、所定の場所に繋がれます。

受付 受付

牛を購入する人(購買者)は、事前に受付をし、電子せりボタンを渡されます。

下見 下見

購買者はせりが開催されるまでの時間に、せりに掛けられる牛の下見をします。牛の健康状態やけがの有無、発育状態など実際に見て回り、買い付ける牛を厳選します。

せり せり

せりが開催されると、購買にかけられる牛は順番にせり場に引かれ、牛の状態の説明があり、せり人の掛け声とともにせりに掛けられます。
購買者は受付で渡された電子せりボタンを使用して応札します。
せり上げ単位は千円で、最高価格の購買者がせり落とし人となります。

精算 せりの終了後に購買者はせりボタンを返却し、買い付けた牛の代金と手数料を精算し、引き渡書類を受け取ります。
また、販売者は落札された代金から手数料を引いた金額を受け取ります。

搬出 搬出

精算が終わると、それぞれの購買者は落札した牛を引き取って市場から搬出します。

 

(撮影:JA熊本市家畜市場)

第34回熊本県酪農親善スポーツ大会!

平成21年9月3日(木)に熊本県民総合運動公園と阿蘇ミルク牧場にて、県内酪農家の親睦と団結を図る目的でスポーツ大会が開催されました。

今年で34回目を迎えたスポーツ大会は、ソフトボールの部に17チーム、グラウンドゴルフの部に37チームの多数の参加があり、白熱した試合が繰り広げられました。

 

【ソフトボールの部:熊本県民総合運動公園】

優勝 準優勝
img_iroiro_08.jpg img_iroiro_09.jpg
球磨酪農協 熊本酪農協A

 

【グラウンドゴルフの部:阿蘇ミルク牧場】

優勝 準優勝
img_blog_12.jpg img_blog_13.jpg
熊本宇城農協松橋B 熊本市農協

 

Photo Galleryはこちら】(PDFファイル605kb)
*ソフトボール・グラウンドゴルフの大会様子の写真がご覧いただけます。

 

初生牛せり市場をレポート!

report_milmo_01.jpg初生牛市場は、JA熊本市家畜市場で毎月第1・3・5(火曜日)に開催されています。

初生牛とは、生後4ヶ月未満の仔牛のことです。

市場に出されるのは主にホルスタインの雄牛、交雑種(F1)の雄牛と雌牛、黒毛和牛の雄牛と雌牛です。

ここでは、仔牛を売りたい人と買いたい人が集まり、せりによって取引が行われています。

 

<市場の流れ>

搬入 ・・・ 販売者が連れてきた牛の体重測定と健康状態の検査が行われます。
せり ・・・ 購買者は電子せりボタンで応札します。
精算 ・・・ せり終了後に販売者と購買者は精算を行います。
搬出 ・・・ せり落とされた牛は落札者に引き取られます。

 

report_img_01.jpg report_img_02.jpg report_img_03.jpg

 

引き取られた初生牛は、仔牛を育てる肥育農家によって肉牛になるまで育てられます。

 

 

自家製チーズを造ってみたい!

 自分たちの搾った牛乳で自家製チーズを造ってみたいという酪農家さんを集めてチーズ造り講習会が開催されています。
 昨年の7月から講習会が開始され、1年間で11回のチーズ造り講習会が行われました。

 今回の講習会は「阿蘇ミルク牧場」にて清水工場長の指導のもと、モッツァレラチーズとストリングチーズを造りました。参加者の皆さんは、少し緊張ぎみでしたがとても熱心に工場長の話に耳を傾け、夢中になってチーズを造られていました。

 酪農家さんの家庭では、普段から牛乳を使ったいろんな料理を作られているそうです。

<チーズ造りの様子>


img_iroiro_1.jpg img_iroiro_2.jpg img_iroiro_3.jpg
牛乳の状態 個体と液体に分離
(カードとホエー)
モッツァレラチーズ


*一般の方は、「阿蘇ミルク牧場」にてストリングチーズ作りが体験できます。

サイレージ共励会

審査の様子  酪農家相互の技術研鑽を図る為、高品質のエサ作りを競い合う「サイレージ共励会」が開催されました。

 各酪農家から出展されたのは、グラス(牧草)とコーン(とうもろこし)の2種類のサイレージ。それぞれ審査項目ごとに採点され、合計得点で順位が決定されました。 

成績発表時には審査員からの総評があり、酪農家の皆さんは、今後のエサ作りの参考になればと真剣に話を聞かれていました。

総評の様子今回、はじめてサイレージの共励会に参加さてもらい、酪農家の皆さんは毎日忙しい中、牛のえさ作りに真剣に取り組まれ、より良いえさを作るために努力されていることを知りました。

おいしい牛乳は、おいしい空気、おいしい水、おいしい草等々から生まれる。
毎日おいしい牛乳をありがとうございます。

 

(グラスの部) 審査項目:刈取熟期・色沢・香味・触感

(コーンの部) 審査項目:PH・刈取熟期・切断長・色沢・香味・触感・子実割合  

審査の結果、みごと1位になったサイレージの写真です。 

(グラスサイレージ) (コーンサイレージ)

*サイレージ
刈り取った牧草やとうもろこしを長期間保存するために、発酵させた牛の飼料。

このページの先頭へ