マザーズの取り組み

らくのうマザーズについて

らくのうマザーズとは

らくのうマザーズは、乳牛の飼養・管理技術の指導から
乳製品の製造販売までを一貫して行う総合酪農組織です。

RAKUNOH MOTHER'S WORLD

酪農トータル・サプライヤーとしての、わたしたちのサイクル・システムです。
牛乳を持ったミルモくん「らくのうマザーズ」には、生産する人、処理する人、加工する人、販売する人、そしてそれぞれをつなぐ人がいます。
そこから生まれるコミュニケーションを母として、わたしたちみんなで、わたしたちの「酪農」をまるごと、トータルにお届けします。

事業紹介

生産者・らくのうマザーズ・消費者

酪農家・生産本部事業・乳業本部事業

生産

生産イメージ酪農の基本は、土づくり・草づくり・牛づくりから始まります。安全で栄養価の高い飼料を食べた乳牛は健康に育ち、風味豊かな牛乳が生まれます。
私たちらくのうマザーズは、総合的な環境づくりから、安全・安心な生乳生産と生産者の顔が見える商品づくりに取り組んでいます。

処理

加工イメージ(乳業事業)

乳業事業

牧場で生産された搾りたての生乳を、毎朝ローリー車で集荷しています。熊本工場では、牛乳・加工乳・乳飲料・デザート商品などのチルド商品を製造しています。菊池工場では、搾りたての生乳を素早く滅菌処理し、新鮮さをそのままに生かした牛乳や乳飲料などのロングライフ商品(常温保存可能品)を製造しています。

加工イメージ(食肉事業)

食肉事業

食用牛のカット・処理・精肉加工などを行っています。乳用経産牛を再肥育し、肉資源として付加価値を高めた「クイーンビーフ」や酪農家から生産された黒毛和種・交雑種・乳用牛などの各銘柄牛を取り扱っています。

販売

販売イメージスーパーマーケットなどの量販店をはじめ販売店、学校給食、生活協同組合、さらに原材料向け殺菌乳の供給など、取引先・販売チャネルを確立しており、熊本から九州域内はもとより中国・四国・関西・関東方面へ商品を供給しています。
また、消費者ニーズの多様化・個性化に対応し、いつでも新鮮な牛乳・乳製品を消費者の皆さまにスピーディにお届けできるよう、流通・販売チャネルの整備・拡充を積極的に進め、効率的な配送形態を整備した物流システム構築に日々取り組んでいます。

らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場

阿蘇ミルク牧場

らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場外観

阿蘇ミルク牧場は、未来を担う子どもたちへ自然とともに生きる農業の魅力や命の大切さを伝え、消費者交流を通じ、自然食品である牛乳の普及啓発とともに、乳しぼり体験、動物とのふれあい、手づくり体験、農作物の収穫など、色々な体験ができる酪農・農業の理解醸造施設です。
また牧場では、5種類の乳牛(ホルスタイン、ジャージー、ガンジー、エアシャー、ブラウンスイス)の生乳をブレンドし、牛乳やチーズ、バターなどの乳製品、ウィンナーやベーコンなどの食肉加工品、また阿蘇および熊本県内の特産品を取り揃えています。

阿蘇ミルク牧場イメージ

事業案内

このページの先頭へ